船橋市前原西の脳神経内科、アレルギー科 脳神経内科 津田沼

脳神経内科 津田沼 脳神経内科 津田沼
日本頭痛協会認定施設日本頭痛協会認定施設
         
  • HOME
  • 病気の説明
病気の説明

頭痛

頭痛の背後には、まれですが命にかかわる病気が隠れていることがあります。突然の激しい頭痛はくも膜下出血の可能性があり、救急病院での受診をおすすめします。

脳神経内科津田沼では主に慢性の頭痛をみていますが、この中にも脳腫瘍などの危険な病気が潜んでいることがあります。このため問診・診察とMRIなどの画像検査で悪い病気が隠れていないか調べます。一方、多くの頭痛は検査に異常がなく、痛みの特徴から診断をします。このため脳神経内科津田沼では頭痛で受診された方に詳しい問診票の記載をお願いしています。

頻度の高い頭痛は片頭痛と緊張型頭痛で、両方の頭痛をもつ方も少なくありません。片頭痛は脈拍に合わせてドクン・ドクンと痛むのが特徴で、目の前に光がチカチカとする前兆(閃輝暗点)を伴うこともあります。治療としてはトリプタン系の薬が有効です。一方、緊張型頭痛は眼の奥、こめかみ、後頭部などに痛みを感じることが多く、軽症では頭がボーっとする感じやめまい感などが症状となり、強くなると頭が締め付けられるような重い痛みになります。頭や首の筋肉の緊張が原因で、肩こりを伴うことも多く、ストレッチなどで筋肉をほぐすと改善します。

片頭痛や緊張型頭痛などの慢性頭痛の治療を希望される方はお気軽にご相談ください。

めまい

「めまい」という言葉はさまざまな意味で使われています。グルグル景色が回ってみえる場合を「回転性めまい」、フワフワ、フラフラする、揺れるような感覚を「浮動性めまい」と呼びます。「たちくらみ」をめまいと表現する人もいますが、厳密には別のものです。

回転性めまいの原因で多いのは耳の奥にある内耳の障害によるものです。内耳には、音を感じる蝸牛菅(聴覚)と体の傾きなどを感じる三半規管(平衡感覚)があります。三半規管の調子が悪いと平衡感覚に異常が生じ、目が回って気持ちが悪くなり、吐くこともあります。

三半規管の不調で起こる病気の代表に良性発作性頭位めまいがあります。頭を動かしたときなどに誘発される回転性めまいで、めまい・吐き気・嘔吐以外に症状はありません。めまいに聴覚異常(蝸牛菅の異常)を伴う場合はメニエール病や突発性難聴に伴うめまいなどの可能性があります。これらの病気は耳鼻咽喉科になります。

内耳の情報を脳に伝える聴神経に腫瘍などができて内耳が原因のめまいと似た症状を出すことがあります。耳鼻咽喉科で問題ないと言われても症状が改善しない場合は、神経内科の受診をご考慮ください。

脳の病気が原因で回転性めまいを起こすことがあります。脳出血や脳梗塞などにより平衡感覚と関係する神経が障害されることが原因です。しかし、脳には平衡感覚だけでなくさまざまな機能をもつので、多くの場合はめまい・吐き気・嘔吐に加えて、しゃべりづらさ、飲み込みにくさ、手足の運動障害(運動失調や麻痺)あるいは半身のしびれなどの他の神経症状を伴います。このような場合は、救命救急病院を受診してください。

浮動性めまいは、検査をしても異常がないことが多く、原因もさまざまです。内耳が原因のめまいでも、症状が軽いと浮動性めまいになるときがあります。筋肉のこりからくる頭痛(緊張型頭痛)や首のこり(頚肩腕症候群)、過労や睡眠不足、薬の副作用でもしばしば浮動性めまいを伴います。また、ストレスや不安など心の問題でも浮動性めまいがみられます。心の問題でめまいが起きている場合は、当院と連携している心療内科クリニックをご紹介します。連携先は、こころの健康クリニック津田沼(https://www.kkct7300.com/)高根台メンタルクリニック(http://www.tmc6806.com/)などがあります。

パーキンソン病

パーキンソン病は動作が遅くなったり、手が震えたり、筋肉の緊張が強くなるなどの症状がみられる病気です。また、うつなどのこころの問題や便秘などの自律神経症状など、運動障害以外の症状もみられ、これらは非運動症状と呼ばれます。パーキンソン病を患っている方の症状や病気の進み方は一人一人違いますので、その方に合った治療(テーラー・メード治療)が必要です。

パーキンソン病と似た症状(パーキンソニズム)を起こす病気・原因はたくさんあり、これらをパーキンソン症候群と呼びます。パーキンソニズムがみられた時にパーキンソン病であるかどうかを診断するのは難しいことがあり、特に治療が始まった後だと診断が難しくなります。治療を始める前に、神経内科の担当医を受診することをお勧めします。

パーキンソン病の治療はお薬による治療が基本です。パーキンソン病の運動症状は脳の中脳黒質という部位にあるドパミンという神経伝達物質をもつ神経細胞がだんだんと減るために起こります。パーキンソン病に使うお薬の二本柱はL-ドパ(レボドパとも言います)とドパミン作動薬(ドパミンアゴニストとも言います)です。L-ドパは脳内に入るとドパミンに変化してパーキンソン病の運動症状を改善します。ドパミン作動薬はドパミンと同様の作用をもちます。L-ドパは効果が期待できるお薬ですが、何年も服用しているとお薬の効く時間が短くなったり、体が勝手に動いてしまうジスキネジアと呼ばれる不随意運動が出ることがあり、これらの症状を運動合併症と呼びます。特に若い方では運動合併症が起こりやすいので、運動合併症の起こりにくいドパミン作動薬で治療を始めます。一方、ご高齢の方は運動合併症が出にくいので、L-ドパで治療を主に使うことが多いです。そのほかにも補助薬と呼ばれるパーキンソン病の治療薬がたくさんあり、一人一人の症状に合わせて補助薬を使い分けます。運動合併症が大きな問題となっている方には、外科的に脳に電極を埋め込んで電気刺激する脳深部刺激療法や胃ろうから腸にポンプで持続的にL-ドパを投与する治療を行うこともあります。

パーキンソン病の標準的な治療は日本神経学会が作成したパーキンソン病治療ガイドラインに書かれていますので、このガイドラインをよく理解している医師であれば、治療を行うことができます。しかし、ガイドラインだけでは対応できないこともあり、その場合は、パーキンソン病に関する知識・経験の深い医師による診療が求められます。

認知症

認知症は、記憶力、判断力、注意力などの障害により社会生活に支障が出る病気で、精神症状などを伴うこともあります。年をとると認知症になりやすくなり、80歳以上では二人に一人が認知症または認知症前段階であると言われます。

認知症であるかどうかは認知機能検査(いろいろな質問に答えていただき記憶力、判断力などを評価する検査)で診断します。また、認知症にはいろいろな原因があるので、原因疾患の診断のために、血液検査、MRI検査、脳血流SPECT検査、脳波検査などを行います。認知症を呈する病気の代表的なものに、アルツハイマー病、レビー小体型認知症、前頭側頭葉型認知症、嗜銀顆粒性認知症などがあります。これらの認知症は根治することはできませんが、症状を緩和するお薬で治療することはできます。また、介護保険などを使ったリハビリテーションも大切です。慢性硬膜下血腫、高アンモニア血症なども認知症の原因となり、このような病気は治療が可能です。

認知症が進むと介護が問題となります。介護保険の介護サービスを利用すること介護負担を減らすことができます。当院では、医師・スタッフが介護についてもアドバイスを行っています。

汗の病気

汗は自律神経により調節されるので、汗の異常は神経内科の専門領域でもあります。汗の異常は、汗をたくさんかく「多汗症(発汗過多症)」と汗をかかない「低汗症・無汗症」に分けられます。さらに汗の異常が全身にみられるもの(全身性)と体の一部にみられるもの(局所性)に分けられます。多汗は体質による(いわゆる汗かき)ものが多いですが、ホルモン異常や感染症など内科的な病気が隠れていることがあります。

手のひらや足の裏にたくさん汗をかく手掌足底発汗過多症(掌蹠多汗症)は、命にかかわる病気ではありませんが、握手をするのに気がひけたり、試験の答案用紙がぬれるなどで生活の質(QOL)が下がります。当院では手掌足底発汗過多症に対してイオントフォレーシスや塩化アルミニウム液などで治療を行っています。

一方、無汗症は生命に危険をもたらすことがあります。全身の汗の役割は、体温を下げることです。このため、運動をした時や暑い環境で汗をかくことができないと体温が上昇して熱中症を起こしてします。全身性の無汗には遺伝性の病気、自己免疫性の病気などがあり、全身性無汗の代表的な病気である特発性後天性全身性無汗症(AIGA)は自己免疫性の病態によると考えられています。AIGAでは暑い環境下や運動時に皮膚がピリピリと痛む「コリン性蕁麻疹」を伴うことがありますが、無汗以外の自律神経の症状や神経の症状はみられないのが特徴です。全身の無汗とコリン性蕁麻疹がある場合はAIGAである可能性が高いといえます。診断やほかの病気と鑑別するために血液検査、自律神経検査、皮膚生検などを行う場合があります。治療としてはステロイドが有効であることが多く、一般的にはステロイドの点滴や内服薬で治療します。

失神

失神は意識を失い倒れますがすぐに意識は改善する発作で、脳全体に十分血液・酸素が供給されなくなるのが原因です。その原因は、①血圧を調節する自律神経に問題があるために血圧が下がる、②心・肺に問題があるために脳に血液・酸素を十分送れない、③脱水や出血で脳に送られる血液量が減る、④降圧薬・利尿薬などの薬の副作用、などさまざまです。怖い原因は、②の心・肺の病気で、しばらくの間心臓の動きが止まってしまう徐脈性不整脈などが知られています。心臓が原因の失神は循環器科が専門科になります。

神経内科の対象となる自律神経の働きの異常による失神には、①血管迷走神経性失神、②頚動脈洞性失神、③起立性低血圧による失神などがあります。よくある失神は①血管迷走神経性失神です。長時間の起立、恐怖・痛みなどにより交感神経が強く刺激されると心臓に負担がかかります。このため心臓への負担を避けるために副交感神経が反射的に働き、脈を遅くし、血圧を下げます。この反射がいき過ぎると脳に血液が十分供給されなくなり、意識を失います。学校の朝礼で長く立っていると気分が悪くなるお子さまがいますが、その原因の多くはこの血管迷走神経性失神です。このような自律神経の機能障害が原因の失神の診断には、当院で行っているヘッドアップ・ティルト試験が役立ちます。

てんかん

てんかんは脳の発作的な脳の神経細胞の異常な興奮による発作を繰り返し起こす病気です。小児のてんかんは小児科になりますが、成人発症のてんかんは神経内科や精神科になります。

てんかん発作は意識消失、けいれん、異常行動など多彩です。診断には、発作の状況に関する詳細な情報を得るのが第一で、検査としては脳波検査、脳MRI検査などが必要となります。

治療としては発作を予防するために抗てんかん薬を内服します。薬の副作用、抗てんかん薬の血中濃度が適正であるかなどをチェックするために定期的に血液検査をしたり、発作がうまくコントロールできているかを評価するために脳波検査を行います。

脳卒中後遺症

脳卒中は脳の血管のトラブルで脳機能が障害される病気の総称で、突然、言葉が出なくなったり、片側の手足が動かなくなったりします。脳卒中は脳の血管が破れて起こる出血と、脳の血管が詰まって血液が脳に届かなくなる虚血に分けられます。出血には脳の表面をおおうクモ膜の下に出血するクモ膜下出血や脳内に出血する脳出血があります。クモ膜下出血は血管のコブ(動脈瘤)が破れることが原因のことが多く、脳出血は高血圧による動脈硬化で細い血管がもろくなっているために血管が破れるのが主な原因です。

一方、虚血性脳卒中は脳梗塞と呼ばれます。24時間以内に症状が消えてしまうものは一過性脳虚血発作(TIA)と呼び、区別します。血管が詰まる原因としては、動脈硬化により血管が細くなって詰まるもの(脳血栓)と心臓などにできた血のかたまりが脳の血管に飛んで詰まるもの場合(脳塞栓)があります。

脳卒中は緊急治療が必要となる病気です。異常に気付いたら救急車で脳卒中専用集中治療室などをもつ救急病院に行きましょう。脳梗塞では発病から4時間半以内に血栓を溶かす治療(経静脈的血栓溶解療法;t-PA)を開始すると、詰まった血管が再開通する可能性があります。血管に管を入れて血管を詰まらせている血栓を取り除く治療もあります。いずれの治療も早く開始したほうが効果が期待できますので、時間が勝負となります。

脳梗塞の主な治療は薬物治療とリハビリテーションです。点滴治療は通常2週間以内で終わり、その後は再発予防のため内服治療を行います。リハビリテーションも並行して行います。救急病院での治療終了後、日常生活に支障が出る症状を残した方は、リハビリテーションの専門病院に転院します。退院後に介護が必要な方は介護保険を使ってヘルパーを頼んだり、寝てばかりいると動けなくなるので(廃用症候群)、運動機能を維持するために運動訓練(通所リハビリテーションなど)を行います。また、脳梗塞の原因となる動脈硬化は、加齢に加えて喫煙、高血圧、脂質異常、糖尿病などが原因になるので、これらを管理することが脳梗塞再発予防に重要です。

脳卒中を過去に起こした方は、神経内科などに通院して予防薬の服用、危険因子の管理・治療を受けてください。

アレルギー疾患

アレルギー疾患は年々増加しています。各々の疾患に対して標的の臓器治療は内服療法と異なり全身的な副作用が出にくく、疾患症状の軽減や寛解に対して求められる治療法です。最初は標的の臓器治療を行い、それでも症状の軽減や寛解が得られない場合は内服や注射による免疫療法を行います。

対象疾患
アトピー性皮膚炎、気管支喘息、アレルギー性鼻炎などを対象に治療します。

治療法
アトピー性皮膚炎には従来の皮疹部の保湿剤とステロイド剤による局所療法と、皮疹部に検出される黄色ブドウ球菌に対して消毒療法を併用した総合的な治療を行います。また、食物アレルギーに対しては重篤なアレルギー症状がなければ除去食事療法はできるだけいたしません。
気管支喘息には、予防を中心とした局所吸入療法や予防を目的とした内服療法を行い、それでも寛解が得られない場合は注射による免疫療法を行います。
アレルギー性鼻炎には、点鼻液による治療と症状をやわらげる内服を行い、それでも症状の軽減しない症例に対しては注射や舌下による免疫療法を行います。

アレルギー疾患に関する当院医師の代表的業績

1) Sugimoto K, Hattori T, et al. Antiseptic Treatment of Povidone-Iodine Solution as a Countermeasure against Staphylococcus Aureus in Atopic Dermatitis. Dermatol Res. 2019; 1(1); 1-3.

2) Sugimoto K, Kuroki H, Kanazawa M, et al: New successful treatment with disinfectant for atopic dermatitis, Dermatology, 1997; 195(Suppl) 2: 62―68.

3)千葉大学医学部オンライン会報生涯学習講座
詳細はこちらへ